大原「クロール 凶暴領域」

今作はトビー・マグワイアが主演を務めた「スパイダーマン」シリーズ三部作と最恐おじさんが若者を恐怖のどん底に突き落とす「ドント・ブリーズ」手がけたサム・ライミ監督の新作です。

 フロリダ州にハリケーンが直撃して川が氾濫を起こし、大量の水とともにワニが住宅街に侵入する。そして主人公とその父親が逃げ出そうと四苦八苦するお話。サム・ライミ監督の十八番芸であるビックリドッキリがこれでもかというぐらいに炸裂していました。いつ襲撃されるか分からないので終始、緊迫感に心臓を鷲掴みにされた状態でした。ワニの生態などがしっかりと描かれていて、主人公達がそれを逆手にとり、対抗する感じが素晴らしかった。凶暴な生き物が家に侵入するという僕が子供の頃に妄想していたシナリオを見事に具現化してくれた俺得の作品でした。