大原「神戸小学校教員いじめ問題」

最近、神戸の小学校で男性教員が同僚の男性教員と女性教員からいじめを受けたニュースが巷で騒がれている。そのいじめの内容もまあ凄まじく、第三者に性的な内容を強制的に送信させたり、被害者の所有する車の上に乗る、蹴る車内を荒らしたり、飲酒を強要。羽交い締めにして、激辛カレーを食わせたりなど行ったらしいです。被害を受けた教員は精神的に不安定になり、今年、九月から療養を余儀無くされたとか。

いじめ実行犯の女性はどうやら前校長から直々にスカウトされて、現校長よりも校内では発言力があったとのことです。校長も彼が被害にあっていたのにもかかわらず、彼の大丈夫の一言二言を鵜呑みにした結果、こんな騒動になっているわけですから相当教員の事見てなかったんでしょうね。明らかに平気なわけないのにもかかわらず、黙認していたわけです。学校内でわだかまりは解決した教育委員会に進言し、被害者は泣き寝入り。生徒にいじめの愚かさ、醜さを教え、理解し手を取り合う事の重要さを教えなければいけない人間が、何を晒してとるねんという話です。業腹以外のなんでもない。彼、彼女らは自分の経歴のみならず、教師という崇高な職種に泥を塗った。許されざる愚行であり、断罪されるべき畜生どもです。恥を知れと言ってやりたいくらいです。最後に被害に遭われた男性教員の復帰を願うばかりです。以上。

(P、S実は僕も一時期は教師になろうか、迷っていたことがあります)