大原「理想の一人暮らし」

僕は将来的には一人暮らしをするつもりです。というか自立しなきゃダメなんですけどね。だから最近、一人暮らしした時、どんな部屋の雰囲気にしようか脳内で考えたりしています。部屋は大きくなくても問題ないです。今でこそ、普通に暮らせていますが、僕が幼い頃は貧乏だったんで、部屋に対しての文句は少ないと思います。やはり映画が好きなので真っ白いスクリーントーンを壁に貼って、休日は映画三昧。あとは本棚を買って、持っている本や映画のDVDを並べたいですね。そして、できれば生き物が買いたいです。しかし犬や猫と言った定番ペットではなく、僕が飼育したいのはアカハライモリです。ご存知ない方に説明いたしますと、全長は大きくても13 cmほどで、全身は黒色で名前の由来の通り、腹部は真っ赤です。外敵への有毒アピールのためだとか。しかし実際はその通りで皮膚にはフグ毒と同じ、テトロドトキシンが含まれていますので、素手で触った時は手洗いが必然となります。では何故、飼育したいのか?、、、、、、可愛いからです。つぶらな瞳、愛くるしい顔立ち、漆黒の美しい肢体。どれも魅力的だからです。飼育に関してはイモリは清流や綺麗な水を好むため、水質環境には気を使う必要があるようですが、愛するペットのためならそんな問題は造作もないことです。そして、驚くべきことにイモリの再生能力は脊椎動物随一らしく、目玉、手足、脳や心臓の一部など、体のどの部分が欠損しても完璧に再生するというまさに人智を超えた生物なのです。そんな魅力満載の生き物が小学生のお小遣いくらいの値段でペットショップで購入できる。なんともまあ複雑な気持ちです。