三木「心配」

人の心配ってうざい時と助けられる時ってありますよね。相手は心配で声を掛けるが返ってそれが有難迷惑だと、、そうなると心配をして声をかけるのが嫌になります。もちろん下手に心配するのは良くないだろうし、過度にし過ぎるのもよくない。なんというか、裏目に出るってやつですかね?これに関しても良かれと思いやっているだけに悪いのか良いのかなんてわかりません。ただ、これが原因となり喧嘩になると嫌になるもんです。(少なくとも僕はそうです。)だからと言って心配してるのだからこっちの気持ちを完全に読めなど到底できっこない話だ。本当に難しい。

なんだかんだと心配なものは心配だ。

優しさが裏目に出てしまうのも世の理なのでしょうか。なんだか残念な気持ちですね。人は、理性、感情、思考等持って複雑に生きてるから簡単にはならんってもんですね。

殴り書きならぬ、殴り打ちで思ったことをつらつらの記したので毎度の事ながらオチは付かずです。

そんなとこで、何故か寝付けず朝を迎えたのでこのまま支度をして出掛けようと思います。

さよなら。