今回はグリップ交換

前回はブレーキレバーの交換を試みたところ残念ながら形が合わず断念しました。なので、次はグリップの交換に挑みます!あ、写真はありません。。

それでは始めていこう!まずは、エストレヤ純正グリップをカッターで内側から外側へ切り剥いていきます、、、ってグリップの中ボンドでベタベタやん。 調べたらハンドルバーとグリップが剥離されない為だとか、なんか常識っぽいですね。僕は知らなかったのでボンドを買っていませんでした…また、交換失敗してしまうのか、しかもバイクに乗れない。でも取り敢えずハンドルバーを綺麗にボンドを取り、拭き上げ脱脂洗浄をし、ニューグリップを突っ込んでみました。

なんと、半分ほど入れたところから入りづらくなりかなり押し込まないとグリップを付けられない程です。と言うことは、ボンド要らないんじゃね?!と割りかし疲れる作業中に喜びを感じるのでした。

グリップの付け替えは無事終わりました。純正グリップはかなり細身で手の小さい僕はかなり握りやすい物でした。ですがニューグリップと比べるとアクセル操作は劣っていたような気がします。(ただの好み。)どんなグリップになったかは次回のブログ、ブレーキレバー再挑戦でお見せ致します!!

それではさよなら